先端的な統合療法

当センターは画期的な医療および治療に力を入れています。副作用の多い薬剤、手術、放射線治療がもたらす限られた希望につき動かされているように見える主流医療の泥沼に陥っている患者様に、代替となる選択肢を提供できる新たなアプローチ、治療、技術、療法、設備を日々模索しています。過去にしばられた医療機関は、現状打破を目指す治療へのアクセスを制限しようとする規制や官僚主義から抜け出せずにいます。未来は目の前にありますが、平等に割り当てられているわけではないのです。 

重篤な病態も治療できる強力なネットワーク

当センターは科学者、医師、病院のネットワークと連携して、最も重篤とされる病態の一部でも、患者様の治療を促進できます。当センターで必要な治療を提供できない場合は、必要な治療が受けられるようご案内し、治療が確実に成功するよう支持療法を提供します。このネットワークによって、受胎能、腎不全、心臓疾患、神経障害、肝疾患、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、免疫疾患、自閉症、がんの各分野における先端医療を活用できます。グッドライフセンターは患者様第一主義を掲げております!

画像下治療によって、幹細胞を卵巣と子宮に直接注入して卵子を強化し、新たな卵子の生成や瘢痕組織を修復することができます。

子宮壁の厚みが増し、子宮頚部キャップが安定するため流産の可能性が少なくなります。この治療法ではIVFを併用し、貴重な家族を持つための投資を確実に成功させます。

当センターは現在、腎不全に伴うストレス要因を軽減して腎機能を高め、頻繁な透析の必要性を低減させることに有効な結果を確実に得るため、幹細胞を腎動脈から直接腎臓に移植する臨床試験を行っています。また、支持療法が必要となる移植手術を待つ患者様にとって、幹細胞が大変有望であるという十分な研究に基づくエビデンスを有しております。

10年前にタイで制作されたドキュメンタリー『SuperCell』では、アジアにおける幹細胞を用いた新たな心臓疾患治療が紹介されていました。腹部脂肪から作られた間葉系幹細胞が鬱血性心不全(CHF)を改善します。この治療法によって、局所の血管分布や末梢血管が増加し、長い年月で詰まりかけていた手足や臓器の血流れが良くなるため、梗塞により損傷した心臓組織の修復が重点的に行われるようになります。

当センターでは、国際医療施設認定合同機構(JCI)の認定を受けた救命救急心臓病科が心筋梗塞(MI)や不整脈からCHF、PADまでカバーする心臓疾患治療を実施しています。

幹細胞が免疫機能を高めたり、HIV・エイズなどに見られるような免疫不全に関連する多くの自己免疫状態からの回復に役立つということに、疑いの余地はほとんどありません。当センターはドイツの治療チームと協働で、有名なティム・ブラウン氏の治療にあたりました。白血病のために骨髄幹細胞移植を受けた同氏は寛解し、6年間再発していません。ブラウン氏のがんと免疫障害は好転し、現在に至っています。

当センターは、新たに生成されたヘルパーT3細胞へのウイルス侵入を防ぐために培養された幹細胞、ヘルパーT4細胞を使用して、ブラウン氏への治療と同等の効果を骨髄移植なしで達成しました。この治療法は世界保健機関と治療研究を進めるために、現在臨床試験中であるため原価ベースでご利用いただけます。

肝臓は損傷組織や瘢痕組織を最大80%も再生できる素晴らしい機能を備えていますが、肝臓の脂肪沈着が著しいとこの機能は劇的に低下します。直接投与による局所の幹細胞適用はアルカリホスファターゼのレベルを安定させ、回復プロセスを阻害する炎症因子を低減させます。

この治療法は特に肝炎の治療など、肝臓を損傷する化学療法が行われた後に実施されます。

C型肝炎の治療では感染を徹底的に排除するため、含有ウイルスの除去を繰り返します。医師の間では、この高度な薬物治療は10万米ドル近いコストがかかることで知られています。当センターには、同じく食品医薬品局(FDA)の認定を受けた独自開発の薬剤があり、わずかなコストで同等の効果が期待できます。

この治療法の後、上述の肝臓を回復させるための幹細胞治療(体への負担の大きい化学療法が行われた後に行われる治療)を実施します。

ピア・レビューによる調査では、幹細胞が神経発達障害の子供に有効であることが明らかです。当センターのアプローチは消化器、免疫機能、脳に関わる問題の解決を目指しています。JCI認定を取得した大学病院の認証済みの情報に基づいた幹細胞治療に加えて、当センターはアイコンタクトや社交性の問題の改善、コミュニケーション能力の着実な向上に関する数多くの事例を実証しています。これは100%治療に専念できる環境で実施される治療で、気疲れした家族をサポートしてくれます。

整形手術はオーガニック化してきています。血清の成長因子を用いた「バンパイア」フェイスリフトから幹細胞脂肪注入まで、組織の増強、注入、リフトアップに使用されるのは患者様自身の体から抽出した細胞です。ウエストを細くするための脂肪吸引の手技で抽出した幹細胞は顔の若返りに使用することができ、臀部から抽出した大量の脂肪(最大400cc)と合わせて乳房に注入すればリフトアップや張りがもたらされ、最大で2カップのバストアップが可能です。この手技はCNNの放送で実施されたこともあり、アジアでは珍しいものではありません。

がん治療は、がん増殖や、がんの形成に続発する生物学的影響をコントロールする分野で前身しています。統合的アプローチは、細胞のエネルギー生成における機能障害を回復させることに焦点を当てます。この生物学的アプローチでは、がん細胞との闘いで症状を克服することよりも、機能や生理を重視しています。前者の場合には、たとえ寛解しても回復の難しい致命的なダメージを患者様に与える場合も少なくないためです。

当センター系列の医療機関は、高度の設備を備えた医療施設と連携して実習、技術、治療にあたっており、最も深刻なケースでも70%の寛解を達成しています。

これは西洋から東洋まで、世界中で利用可能なあらゆる選択肢の中で最高の選択肢を統合したアプローチです。